A重複を除いたリスト毎の合計を出す

■EXCEL小ワザ--重複を除いたリスト毎の合計を出す

例えばA列に担当者B列に金額のデータがランダムに入っていて
C〜D列に担当者別金額の合計を出すなら、

先の@の方法で、まずC列に重複を除いたリストを抽出してD列に
sumif関数を使って 担当者ごとの合計を出します。

もとデータの範囲が A1〜B100 の場合

@ の方法でC列にリスト抽出

A D2セルに関数入力

 =SUMIF(A$2:B$100,C2,B$2:B$100)
B D100 までコピー

ちなみに、
 SUMIF(データ範囲,検索条件,合計範囲) 

 です。 


posted by excel110 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 重複データ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-04 05:11
ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします♪


Microsoft Officeランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。