簡単に合計やデータの個数を知る

EXCEL小ワザ--ステイタスバーに表示される「合計」「データの個数」

合計を出すなら SUM関数、データの個数を数えるなら、COUNTや、COUNTA関数を使えば良いわけですが、ちょちょっと簡単に知りたい時は、ステイタスバーを使います。

範囲選択後にステイタスバーで右クリック→ポップアップ表示された中から、「合計」とか「データの個数」とか選ぶとステイタスバーに計算結果が表示されます♪

データの個数は、=COUNTA(範囲)
数値の個数は、 =COUNT(範囲)
合計は、 =SUM(範囲)

と関数を入力したのと同じことです。

こんな感じ↓
excel-4.bmp


posted by excel110 at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします♪


Microsoft Officeランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。