写真をフェードアウトするようにぼかす

エクセルで、写真をフェードアウトするような感じでぼかすこともできます。

写真の加工は、photoshopなどのソフトが必要と思いがちですが、写真をぼかすくらいの加工なら、エクセルでもできてしまうんですね〜

では、写真加工の手順です。

まず、ビルの写真を用意しました。

フリー素材です。

写真を挿入したら、サイズ(高さと幅)をメモリます。

グラデーション1.png

次に写真と同じサイズの長方形を作成し
写真の上に重ねます。

長方形の図形の書式設定で、
塗りつぶし→グラデーション
を選択。

種類:放射
透明度:100%
位置のスライダーを右に動かしていくと・・・

こんな感じに出来上がります。

グラデーション2.png

どうせなら、
写真そのものを、楕円の中に収めたい!!
という場合には、

同じサイズの楕円を2つ描きます。

1つめの楕円には、
「塗りつぶし(図またはテクスチャー)を選び、先ほどのビルの写真ファイルを指定。

2つめの楕円には、先ほどと同様に、塗りつぶし(グラデーション)をかけます。

2つの楕円を、グラデーションの方を上にして、重ねれば、こんな図形が出来上がり。

グラデーション最後.png

簡単で便利です♪


posted by excel110 at 17:24 | 画像

画像の背景を透過させる

エクセルで画像の背景の透過処理とかができるようになりました。

フォトショップなどの高価なソフトがなくても、簡単に背景の白い部分とかを透過させる事ができます。

電話のイラストの外側の白い部分を透過させます

1.白枠.png

まず、電話の画像を選択
2.選択.png

図ツール→書式→色→透明色の指定
カーソルが鉛筆マークにかわるので、電話の後ろの白い部分でクリックすると、そこが透過されます。
透過させる色は、1画像で1色だけです。

4.透過後.png

さらに、「色の変更」で色を選ぶと、電話の色も変えられます。

6.色変更後.png

影をつけたりもできます。

7.影つけ.png

ワードアートで、作成した文字を重ねると、こんなイラストも作ることができます。

文字と図.png

パワーポイントやワードでは、作成したイラストを「図として保存」することもできます。

背景の透過処理が必要になることは、ちょいちょいあるので、これは、かなり便利です。

例えば、

工程表を作るときとか・・・

ま、

透過処理の便利さを感じるのは、ワードやパワーポイント作業のときのほうが多いですけどね。

フォトショに頼らず、OFFICEソフトの使用中に、クリップアートを入れて、そのまま、透過処理ができちゃうとかなり、作業効率もあがりますね、

フォトショとか立ち上げるだけで時間かかるしね・・・

実は、オフィスの図形描画って、かなりいろんなことができるんですよね。。。

ちょっとしたクリップアートなら、エクセルでも作れたりしちゃうわけです♪
posted by excel110 at 14:57 | 画像
ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします♪


Microsoft Officeランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。