EXCELで絵を描く堀内辰男さんのホームページ

堀内辰男のページ

Excelの描画機能だけを使って絵を描く堀内辰男さんが話題ですね。

描き方なんかも、教えてくれます

描き方手順;チューリップで描くお花畑

描き方実践編:水に映った逆さ富士

作品一覧はコチラ

堀内辰男 のExcelで描くパソコン画ギャラリー

素晴らしい♪♪


posted by excel110 at 20:18 | その他

セルを方眼紙として使う

■EXCEL小ワザ--セルを方眼紙として使う。

チャート図等をエクセルで作成する時には、
セルを方眼紙状態にしてしまうと、
作図も簡単!!

全セル選択(左端の四角をクリック)→書式→列→幅 を1.63
に設定。

するとこんな感じになります。

excel-5.bmp

図形描画するためには、図形のツールバーを表示させる。
(表示→ツールバー→図形描画)

図形描画のときに、セルの枠線をグリッドとしてグリッドに沿って描画できるようにるするには、
図形描画ツールバーから、
図形の調整→位置合わせ→グリッド
を選べばOKです。
excel-6.bmp
posted by excel110 at 20:45 | Comment(1) | TrackBack(2) | その他

簡単に合計やデータの個数を知る

EXCEL小ワザ--ステイタスバーに表示される「合計」「データの個数」

合計を出すなら SUM関数、データの個数を数えるなら、COUNTや、COUNTA関数を使えば良いわけですが、ちょちょっと簡単に知りたい時は、ステイタスバーを使います。

範囲選択後にステイタスバーで右クリック→ポップアップ表示された中から、「合計」とか「データの個数」とか選ぶとステイタスバーに計算結果が表示されます♪

データの個数は、=COUNTA(範囲)
数値の個数は、 =COUNT(範囲)
合計は、 =SUM(範囲)

と関数を入力したのと同じことです。

こんな感じ↓
excel-4.bmp
posted by excel110 at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

お名前ボックスを目次代わりに使う

■EXCEL小ワザ--セルに名前をつけたら、名前ボックスが目次になる!!

例えば、一つのシートに支店毎のデータが入っていて、各支店のデータの始まりのセルにピピっと飛べたら便利でしょ♪

そんな時は、お名前ボックスが利用できます。

まず、
各支店のデータが始まるところのセルで

挿入→名前→定義 と進み、セルに名前をつけます。
(この場合は、各支店名)

そうすると、定義されたセルの名前のリストは「名前ボックス」
で確認できるようになります。

名前ボックスは、通常セル番地が表示されている、ココ

excel-2.bmp
お名前ボックスの下向き三角をクリックすると、下記のように
定義したセルの名前のリストがでてくるので、必要な支店名をクリックすると、その支店名の名前がついたセルにピピっと飛んでくれるっていうわけです。
excel-3.bmp
posted by excel110 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他

シートの選択

■Excel小ワザ--シートタブの選択方法

シート数が多くなってくると、シートタブから選択するのが大変になってきます。
そんな時は、
シートタブの一番左側で右クリックすると、↓こんな風にシート命の一覧が表示されるので、そこから選べばOK ♪

excel-1.bmp

posted by excel110 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他
ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします♪


Microsoft Officeランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。