A重複を除いたリスト毎の合計を出す

■EXCEL小ワザ--重複を除いたリスト毎の合計を出す

例えばA列に担当者B列に金額のデータがランダムに入っていて
C〜D列に担当者別金額の合計を出すなら、

先の@の方法で、まずC列に重複を除いたリストを抽出してD列に
sumif関数を使って 担当者ごとの合計を出します。

もとデータの範囲が A1〜B100 の場合

@ の方法でC列にリスト抽出

A D2セルに関数入力

 =SUMIF(A$2:B$100,C2,B$2:B$100)
B D100 までコピー

ちなみに、
 SUMIF(データ範囲,検索条件,合計範囲) 

 です。 


posted by excel110 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 重複データ

@重複データを除いたリスト抽出

■EXCEL小ワザ-- 重複データを除いたリスト抽出

例えば

A1に「担当者」、A2〜A100 に担当者名のデータがあり、重複データを除いた担当者リストをC列に抽出する場合。
フィルタオプションを利用します。


@A列を選択した状態で
 データ→フィルタ→フィルタオプションの設定
 
 抽出先 指定した範囲  を選ぶ
 リスト範囲 a2:a100
検索条件範囲 何も入れない
 抽出範囲  C1

重複するレコードは無視する にチェックexclamation

 OK 


 
posted by excel110 at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 重複データ

重複データを探す

■EXCEL小ワザ-- 重複データを探す

@横の列に* 印を付ける・

例:A2〜A100 にデータがあるとするなら、
  横のB2セルに関数を入力

=if(countif(a$2:a$100>1),"※","")
B2セルをB100までコピー
  (B2セルの右下でマウスポインタが"+"になったらダブルクリック)

AオートフィルタでB列で※を表示させれば 重複データのみ表示
posted by excel110 at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 重複データ
ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします♪


Microsoft Officeランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。